2007年09月12日

「夢も希望もないな」

って新宿の浮浪者に向かって呟いた。
今からちょうど2年前。19か20の夏。
本人に聞こえたかどうかは知らない。

この言葉、今更になって蘇る。相手に対してじゃなくて、その言葉を口にした自分自身に対して絶大な意味を持つ。その意味は今はまだ明確にはわからないが、その「言葉」や「意味」が怖いという感覚でもって思い出されるのは確か。




怖い。
posted by TELECAS使い at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54963640

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。